ライフスタイル

自分を押し殺して生きてきた26年間。自分を見失いかけていた私が自分を取り戻せた一言

じゅん子です(^ ^)

あなたは
言いたいことが言えなかったこと
ありますか?

私は数え切れないくらい
たくさんあります(笑)

自分を出すことが怖くて
何にも言えないことばかりで

そんな自分が嫌いでした。

でもあることをきっかけに
自分を出すことが
前より怖くなくなったんです!

自分を出すことが
できなくて悩んでるあなたが

「私ももうちょっと自分出してみようかな」
って思えるようになれたらと思って

記事書きました。

今よりもっと世界が広がりますよ♪

 

自分の意見がない

 

今まで私は
自分の意見が言えませんでした。

私がこれを言ったら

「はあ?
何言ってんだこいつ」

そう思われるんじゃないか
って怖かったんです。

本当はこう思ってるんだけど、
本音が言えなかったり。

とにかく
嫌われたくなかった。

 

唯一自分を出せたのは
創作活動をしてる時だけ。

趣味のアクセサリー作りや
フラワーアレンジメントで

好きな物を作ってる時だけが
自分を出せていました。

でも知り合いに言われた
一言をきっかけに

私はちょっとずつ考え方が
変わってきたんです!

その人は私の作品を見て
「イベントに出店してみない?」
って言われて

私は自分の作品を
販売するなんて
考えたこともありませんでした。

でも言われたらやってみたくなって
思い切って出店することにしたんです!


↑当日の出店ブースです♪

 

当日はたくさんとは言えませんが
実際に私の商品を
買ってくれた人がいました!

自分でも信じられなかったです(笑)

たくさんお店がある中で
私の作品を手に取って

「かわいい!」って言って
買ってくれる人がいることが

本当に嬉しかったです(≧▽≦)

 

完璧な人間はいない

 

私はイベントに出店したことで
考えが変わりました。

私の作った作品は
全ての人に可愛いと
思ってもらえるわけじゃない。

私の作品嫌いっていう人だって
中にはいる。

でもそれはそれでいいんじゃない?

だって全ての人の好みに合ったものを
作るってかなり難しいことだから。

これって人間関係でも
同じことだなって思ったんです。

 

私は誰にも嫌われたくなかった。
でもそれってかなり難しいですよね。

嫌われないように常に周りを気にして
自分を出さずに過ごしていたけど

本当はものすごく窮屈でした。

だから、
嫌われる勇気を持たなきゃって
思ったんです。

なんでも周りに合わせていたら
私は私じゃなくなる!

このまま自分を出せなかったら
いつまでも窮屈なままだ!

そう思いました。

もちろんそう簡単に
自分を出すことはできませんでしたが

友達に遊びに誘われて
乗り気じゃない時は
断れるようになりました。

1回断っただけで
もう誘われなかったとしたら

それはその程度の関係だったんだな
って思えばそんなに辛くない。

まあ数える程度しか
友達いないですけどね(笑)

 

とにかく、
自分を出せるようになったことで
前よりも窮屈な感じは
なくなりました(´▽`)

 

まとめ

 

「なかなか本音が言えない」
「本当はこう言いたい」

って悩んでるあなたは
周りから嫌われたくないから

なんでも周りに
合わせていませんか?

もう少し自分を出してもいいんですよ。

そしたら自分にイライラもしないし
もっと過ごしやすくなります!

まずは自分から挨拶
してみるのもいいですね♪

自分からコミュニケーションを
取ることで

自分を出していきやすくなりますよ。