働き方

仕事に疲れた時は休んでいい。それがあなたを救ってくれます。

じゅん子です(^ ^)

あなたは
「会社を休む」と聞いて
悪いことって思いますか?

「ちょっと疲れたな〜」
って時でも頑張るあなたは

体からのSOSに
気づかず、

取り返しのつかない状況に
陥ってしまいます!

今日は
仕事とどう向き合ったらいいのか
考えてみましょう。

仕事に対して
やる気もアップしますよ!

 

周りと自分を比べない

 

「しんどいな」と思っても

会社行かなきゃ」と
これくらい我慢しなきゃ」って

自分にムチ打って
会社に行ってませんか?

じゃあなぜそこまで
頑張っているんでしょう?

「周りが頑張ってるから」

真面目なあなたは
他の人が休んでないのに
自分だけ休めない。

って思ってませんか?
でも周りと比べる必要はないんです!

私も以前は上司や同僚がまだ残ってるのに
私だけ先に帰れないと思っていました。

でも人それぞれ
働く環境や理由はさまざまです。

あなたは本当は残業もせず
帰りたいと思っていても

他の人は
家に早く帰りたくない人とか
残業代稼ぎたい人とか

それぞれ事情があると思います。

だから残業せずに早く帰って
休みたいと思えば休んでいいんです。

その方が次の日
「会社行きたくない」
っていう思いも少なくなります!

 

そもそも休むことは悪いことじゃない!

 

有給取って休みたいけど
取ってもいいのかな…

あなたはそう思ってませんか?

 

そもそも有給って
何のためにあるか分かりますか?

有給は労働基準法で定められた
働く人の権利で

一定期間勤続した労働者に対して

心身の疲れを回復し、
ゆとりある生活を保障するために

付与される休暇のことです。

 

あなたの生活をゆとりあるものに
するために有給があるんです。

だから休むことに
罪悪感を感じる必要はないんです!

 

有給を取れない雰囲気

 

有給は自由に取っていいものとはいえ

周りが取ってないと
自分だけ取りにくいなって

思ってませんか?

私も以前の会社で
有給はもちろんあったんですが

身近に不幸があった時だけしか
使ったことはありませんでした。

それが当然というような
雰囲気があるくらい…

仲のいい同僚とも
「有給取りたいけど、無理だよね」
なんて話もしていました。

 

仕事のことを考えると
胃がきゅーっと
痛くなることもありました。

このまま働いてたら
大好きな花の仕事が
嫌いになっちゃう。

そう思いました。

 

休めない状況からの解放

 

私は転職したことをきっかけに
仕事に対する考えが
ガラッと変わりました!

転職先の会社では
有給を自由に使えることはもちろん
定時になったらみんな一斉に帰る。

それが普通でした。

でもよく考えたら
以前働いてた会社の方が
普通じゃなかったんだなって
思いました(笑)

1つの職場にずっといたことで
休むことが悪いことという意識が
刷り込まれてたんです。

慣れって怖いですね。

でも私は転職という形で
休むことは悪くないという考え方に
変われました。

 

仕事に取り組む姿勢の変化

 

たまに有給を使ったときは

習い事教室に行ったり、
趣味の時間に使ってました。

気分転換にもなったし、
すごくリフレッシュできました♪

そのおかげで
「よし、明日も仕事頑張ろう!」
そう思えたんです。

 

「休んでもいい」

そう思えるだけで
気持ちが楽になったし

もっと仕事頑張ろうって
思えるんです!

 

まとめ

 

会社を休むことは
時には必要なものなんです。

あなたは今
ちょっと仕事に疲れていませんか?

体からのSOSのサインを
無視しないでくださいね!

疲れた時には
休んでリフレッシュすることも
大事なことです。

その分仕事に意欲も湧いてきます!

 

走り続けてたらすぐに疲れますよね?
だから時には休んで
心と体を回復させてあげましょう!