ビジネス

モノが売れない時代に何を売る?

じゅん子です😊

ネットビジネスで「何を売るか」って
大事なんです。

ただモノを売ったって
今の時代じゃ売れないんですよ!

今の世の中、モノって
選びたい放題ってくらい
種類もあって

質の良い商品で溢れてますよね

そんな中でモノを売っていくのは
かなり大変なんです!

だから転売とか
安く仕入れて高く売ればいいなら
簡単にできそうかなと思って
安易に始めても

全然売れないじゃん…
どうしようこんなに仕入れたのに…

って売れない在庫を
抱えてしまって赤字に…

ネットビジネスじゃ稼げない
って思っちゃいますよね

でも今の時代、
何が売れるのかが
ちゃんとわかっていれば

あなたの提供する商品は
確実に売れます✨

え、売れたんだけど✨」
本当に売れた!!

ってめちゃくちゃ
テンション上がりますよ♪

 

モノで溢れる世の中で売れるもの

 

たくさんのモノが出回って
消費者からすれば

「なんでも買える♪」
「便利な世の中だな〜」

って商品を選ぶことができるから
良いことですよね

 

じゃあ商品を売る販売者側はというと

「他と同じような商品じゃ売れないな」
「次は何を売ろう」

って商品を売ることが
どんどん大変になっていくんですよ

もうすでに良いモノに囲まれた
生活を送ってる消費者にとって
良い商品ってだけじゃ

魅力的に思えないんですよね!

じゃあいったい何を売ったらいいのか?
というと

【ストーリーを売る】

良い商品に見慣れてしまった
今の消費者は

商品を手にしたその先の
ストーリーに魅力を感じて
商品を買うようになってきています!

ストーリーって何?
物語を売るの?

っていまいちよくわからないですよね

 

例えば
カメラが売られていて

メーカーAのカメラは

超高画質で手ブレ防止機能つきなので
誰が撮っても綺麗な写真を
撮ることができます!

という宣伝をしていました。

 

一方メーカーBはというと

超高画質で手ブレ防止機能つきなので
お子さんが元気に走り回っていても

ブレることなく
綺麗に写真に収めることができるので

時が経って写真を見直した時でも
当時の思い出が鮮明に蘇って

家族での思い出話に
花を咲かせることができますよ!

という宣伝をしていました。

どちらのメーカーも
高画質で手ブレ防止付きのカメラです

どちらのメーカーのカメラが
欲しくなりますか?

 

メーカーBの方が
魅力的に思いません?

ポイントはお客さんが
なぜその商品を買おうと思うのか
というところに着目することです!

ただ高性能のカメラが欲しいって
思ってる人っていないと思うんです。

何かしら写真に残しておきたいものがあるから
カメラが欲しいと思うんですよ!

だから商品を手にした
その先の「ストーリー」を
提示してあげることで

お客さんの共感が生まれて
商品購入につながるというわけです✨

 

お客さんが本当に求めているもの

 

このストーリーを考える時は
ただ適当に考えても意味がありません。

お客さんの立場に立って
考えていく必要があります!

ストーリーを考える時には

・お客さんはどんな人物か?
・お客さんが抱えている悩みは何か?
・お客さんが欲しているものは何か?
・お客さんを満足させるために必要なものは何か?

こんな風にお客さんについて
とことん調べ上げる必要があります

お客さんの思考を
突き詰めていくことで
売れる商品が見えてきます✨

モノが売れなくなった現代で
私たちに必要なのは

ストーリーを使って
お客さんとの共感を持つことです!

これも言葉で人の行動を促すことができる
コピーライティングの1つですね💡

ネットビジネスでは必須な技術なので
しっかり覚えておきましょう!

現在オンライン上で副業に関しての
相談にのっています♪

下のリンクから申し込みできるので
気軽に申し込んでください😊
↓↓↓
https://official.junko-room.com/wp/get-out-of-a-life-of-patience/

無料通話アプリを使って対談形式で
相談会をやっていきます!

気軽におしゃべりしながら
副業について勉強しましょう✨

最後まで読んでいただき
ありがとうございました♪

じゅん子