考え方

目の前のやるべきことが手につかない…なんでもテキパキこなすには?

じゅん子です(^ ^)

あなたはこれやろうと
決めたものがあったのに

やろうとしたらなぜか
やる気がなくなってしまって

なかなか手がつかないってこと
ありません?

仕事で資料作らなきゃいけないとか
家事で洗濯と掃除と
やらなきゃいけないのに…

なぜか手が止まってしまうって時、
どうしたら行動できるのか。

 

今日は
やるべきことをこなせるようになるコツ
を話していきます!

このコツを使うと
いざやろうと思った時に
手が止まってしまうこともないので

スムーズに進められて
やるべきこともちゃんと
こなすことができます!

私やればできるじゃん!
ってできる自分に
自信を持てるようになります!

でもやるべきことが
全然手につかないままだと

自分ダメダメだな
ってできない自分に
自己嫌悪になって

どんどん行動量が減っちゃいます。

そしたらまた自己嫌悪になる…

もう負のループですよ。

そんな負のループから
抜け出すためにも
最後まで読んでくださいね!

 

ハードルを高くすると動けない

 

目の前のやるべきことが
手につかない時どうしたらいいのか

「やるべきことの1番最初のハードルを下げる」

人って何かやるべきことがある時に
その目の前の作業量を
実際よりも多くあるように
見積もっちゃう
んですよ!

実際は3しかないものを
10とか20もあるように思ってしまうんです

そうすると
「めっちゃ大変な作業だ…」
「こんなのできないんじゃないかな…」

って無意識に思って
手がつけられなくなっちゃうんです

手がつけられなくなっちゃう前に
このコツを実践していきましょう!

 

とにかく細かく考える

 

やるべきことのハードルを下げるには

「やることを細分化」
していくと

最初のハードルを下げることができます!

 

どうやるのかと言うと

例えば
洗濯物を干さなきゃいけない
っていう時は

「洗濯物干さなきゃ」
って考えるんじゃなくて

とりあえず洗濯機の前に行こう
って考えるんです!

どっちの方が行動しやすいですか?

とりあえず洗濯機の前に行くだけなら
できそうじゃないですか?

 

洗濯機の前に行ったら
次は
「洗濯機の蓋を開けよう」

蓋を開けたら
次は
「洗濯物をカゴに入れよう」

そんな風にとにかくやることを
細かく細かくして考えるんです!

で、それを1つ1つこなしていく!

これだけでやるべきことを
スムーズに終わらすことができます!

やるべきことを
しっかりこなせるようになれば

「やればできるんだ!」
って思えるようになるので

行動量もどんどん増えるし
自信もついていきますよ!

やらなきゃいけないことがあったら
その作業をとにかく細かく
細分化してみてください!

行動することへの
ハードルを下げましょう!

そして、
どんどん行動していける自分になりましょう!

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

じゅん子